男の料理

カルボナーラ作ったよ〜 生クリームver

皆さんこんばんは。ライラです

さて今回も料理を作りましたのでお届けしますね

作ったのは・・・

 

カルボナーラ 生クリームverです!

 

少し前にローマ風のカルボナーラを作りましたが、材料も余りましたし、せっかくなのでみんな大好きカルボナーラの生クリームが入ったものを作っていこうじゃないかと思う次第であります

前回のものはこちら

ちなみに生クリームが入ったカルボナーラはイタリアでは存在しませんので悪しからず。日本流にアレンジされたものなんですかね!?





では材料です


  • チーズ(パルミレッジャーノ
  • 全卵 1つ
  • 黒胡椒
  • 生クリーム 少し
  • パンチェッタ
  • ニンニク 一かけの半分
  • 玉ねぎ
  • オリーブオイル
  • パスタ 100g

以上となっています

では始めていきましょう! レッツク〜〜〜〜ッキング〜

 

1. まずはニンニクを少量のオリーブオイルでローストしていきます

 

2. ニンニクの香りが出てきましたら、パンチェッタ、そして玉ねぎを加えていきます

今回パンチェッタが少なくてしょぼいですね・・・ 70gはあった方が良いかな

 

3. 事前にお湯を沸かしておいて、パスタも茹で始めていきましょう

今回も1分早めに茹で上がるように時間設定はしておきましょう!(9分茹でなら8分設定です

 

4. 全卵の卵にパルミレッジャーノを削ったもの、生クリーム、黒胡椒を加えて混ぜ混ぜします

量はお好みですが、チーズが多い場合は塩は入れなくても大丈夫です

 

5. フライパンに茹で汁をお玉で2杯弱入れて、乳化させておきましょう

また乾燥のバジルを少し加えて見ました

そんで、少し火にかけておきます

 

6. パスタが茹で上がりましたら、フライパンに投入して旨味を吸わせていきます

直前までフツフツとなる程度火にかけておいて、パスタを投入したら火を止めて何度か煽って温度を下げておきましょう

大体これくらいの水分量になりましたら・・・

 

7. 卵にチーズなんかを混ぜたもものを投入していきます

ここで、物凄く温度が高くない限り卵が固まることはないので落ち着いて混ぜていきます

全体が混ざった状態で、卵がシャバイ状態でしたら強火で一気に火を通していきましょう

手早く、しかもずっと火に当てておくとすぐに固まってしますので火から離したりしながら、調整していきます

卵がとろ〜っとしてきたら何度か煽って少し余熱を飛ばして少量のチーズと黒胡椒を盛りつければ・・・・

完成〜‼️

 

ではいただきます

生クリームが入っていますので、よく言えば濃すぎることなく味わえますね

しかし、欲を言えばやはりチーズとパンチェッタの味が弱い(パンチェッタに関しては元が少ないのも原因・・・

ですが、私はこれはこれでアリなんじゃないかなと思います

まぁカルボナーラに関しては、グァンチャーレを使わないと!とか、ペコリーノロマーノを使わないと!とか、白ワインほんとに必要!?いや入れるだろとかありますがね

前回も書きましたが、チーズに関してはパルミレッジャーノ・レッジャーノは最低でも使ってください。ハードタイプのもの。

 

あとは火加減というか、温度調節だけ気にかければうまく作れるようになるので、是非諦めずにチャレンジして見てください

時間は15分くらいです

 

では総評です


難易度:★★★★☆

味:★★★★☆

手間:★★★☆☆

生クリームもあり:★★★★☆





ABOUT ME
ライラ
【ネーム】ライラ 【年齢】人間でいう34歳 【出身】埼玉県北部の行田市 【趣味】サッカー、音楽鑑賞、ラーメン食べ歩き、パスタ作り。 【やってみたい事】サーフィン。 twitter:https://twitter.com/toraninare 2年ほどラーメン屋さんとレストランで働いていました。 ラーメン屋さんでは麺上げを担当。トッピングに使用するネギの仕込みや、低温を含むチャーシューの仕込みや濃厚なつけ麺のスープの仕込みの補助。 主に埼玉県内の評判の良いラーメン屋さんや一部の群馬県、栃木県のラーメンも食べ歩いています。 皆さんの参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします!