男の料理

自家製パンチェッタのペンネのカルボナーラ

皆さんこんばんは。ライラです

今回は料理を作ってみましたー それは・・・

 

自家製パンチェッタのペンネのカルボナーラです

 

3度目のカルボナーラですが、今回もレシピは少しつづ変えてあります。どう違うのかは後ほど。

 
 



材料は以下の通りです


自家製パンチェッタのペンネのカルボナーラのレシピ

・ペンネ 100g ディ・チェコのものを使用しました

・自家製のパンチェッタ 80g(写真は90gくらいはあると思います)

・卵黄2個分

 

・生クリーム 80ml

・ブラックペッパー

・パルミジャーノ・レッジャーノ 大さじ1杯半

・ペコリーノ・ロマーノ 大さじ1杯半

・白ワイン


以上です。特に変わったものはありませんね。

では作っていきます


自家製パンチェッタのペンネのカルボナーラの作り方

1. お湯を沸かします

2. パンチェッタを低温で火を通し、脂を抽出していきます(弱火)

パンチェッタから脂が出ますので、オリーブオイルは少なめにしましょう

3. 生クリームと卵黄2個とチーズを混ぜ混ぜしておきましょう

(ペンネを茹で始めます)

4. パンチェッタから脂が出てきましたら・・・

半分以上は捨てます。(かなりこってり感が欲しい方は捨てなくても良いかも・・・いや捨ててください!)

今回はこれくらい残しましたが、全部捨てても良いかもです

5. 白ワインをひと回し半ほど入れまして、アルコールを飛ばしましたら、茹で汁をレードルで2杯ほど投入し乳化させておきます(中火)

6. ペンネが茹で上がりましたら、フライパンに投入しパンチェッタから出た旨味を吸わせていきます(火は止めておく)

7. カルボナーラのタネを投入

ここでフライパンの温度が高くなければ、すぐに卵が固まらないので焦らなくても大丈夫です。何度か煽ってタネが緩いようでしたら、強火で一気に火を通していきます🔥

火に当てたり、離したりして調整しながらタネがねっとりし始めたらお皿に移しましたら・・・完成です!!

アツアツのうちに召し上げれ‼️


ではいただきます

パンチェッタの旨味がガツっときまして、ペコリーノ・ロマーノからくるワイルド感の味がインパクトありです。生クリームも入ってますので、そこはうまいこと優しい仕事をしてくれてますね。

ペンネに濃厚なソースが絡んできますから、普通うのスパゲッティよりもよりソースの味を楽しむことができますよ〜

ただ、今回作ったパンチェッタの塩味が強く全体的にショッパーでしたね・・・チーズの塩味もありますから、パンチェッタとチーズの量を調整して作るともっと美味しかったと思います。。。おそらく通常のベーコンや市販のパンチェッタで作る場合は、今回のレシピでも美味しく作れるはずです。

 

今回のレシピは生クリームを少し多めの使用しまして、卵黄を2つ使い濃厚さもプラスしました。また次回、食材の特徴をよく知った上で物凄いカルボナーラを作ろうかなと思います!!

 

では総評です


味:★★★☆☆

難易度:★★★★☆

コスパ:★★☆☆☆

オススメ度:★★★★☆





 

 

ABOUT ME
ライラ
【ネーム】ライラ 【年齢】人間でいう34歳 【出身】埼玉県北部の行田市 【趣味】サッカー、音楽鑑賞、ラーメン食べ歩き、パスタ作り。 【やってみたい事】サーフィン。 twitter:https://twitter.com/toraninare 2年ほどラーメン屋さんとレストランで働いていました。 ラーメン屋さんでは麺上げを担当。トッピングに使用するネギの仕込みや、低温を含むチャーシューの仕込みや濃厚なつけ麺のスープの仕込みの補助。 主に埼玉県内の評判の良いラーメン屋さんや一部の群馬県、栃木県のラーメンも食べ歩いています。 皆さんの参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします!