二郎系

群馬県の3大ラーメン二郎系を食べて感じたこと

ラーメンブロガーのライラです(@toraninare)

今回は群馬県にある3大ラーメン二郎系のお店と言われている「つの旨」、「大者」、「滋悟郎」。この3店舗を食べてみて感じたことや、どこが一番おすすめかなどを記事にしてみましたので、最後までお付き合い下さい。

各店舗のについて

つの旨(前橋市)

前橋市にあるこちら。群馬でも一番美味しいと評価している方もかなり多く、屈指の人気を誇ります。店主さんは二郎出身のよう。

基本ラーメンしかないようで、有料のトッピングは生卵と豚のみ。

ただし臨時休業はかなり多いのと、ワンオペに伴うサービス面での満足度は、味に比例しないという感じ。

あわせて読みたい
【つの旨】群馬県で一番美味しい二郎系ラーメン?〜群馬県前橋市ラーメンブロガーのライラです(@toraninare) 今回は、群馬県で一番美味しいとも言われる二郎系ラーメンにやっと行けたので、...

大者(高崎市)

高崎市にあるこちらも、かなりの人気を誇る行列店。もしかすると一番並ぶ時間が長いかも。店主さんのロボットのような仕事は実物。

メニューはラーメンの他に油そば、汁なしが用意され、有料トッピングは生卵、味玉、豚となっています。

詳細は後述しますが、麺は一番インパクトのあるものでした。こちらも臨時休業は少なくないです。

あわせて読みたい
【自家製ラーメン 大者】バリカタ麺に大行列の二郎系 !〜群馬県高崎市皆さんこんばんは。ライラです(@toraninare) 今回群馬県でも屈指の人気店で、二郎系ラーメンで大行列をつくるお店に行ってき...

滋悟郎(太田市)

太田市にあるこちらも行列屈指の人気店ですが、立地的な要素もあって行列はやや大人しめか。とはいえ味は良い。

メニューは、ラーメンとまぜそばが基本。有料トッピングは生卵やネギ、チーズもあります。

こちらも同様、臨時休業は少なくない。

あわせて読みたい
凶暴な二郎系ラーメン「滋悟郎」(じごろう〜群馬県太田市皆さんこんばんは。ラーメンブロガーのライラです(@toraninare) さて今回はラーメンブログになります。はるばる群馬県へラー...

・・・という感じで、3店舗ともに臨時休業が多いのと、ワンオペor2人体制のことが多く、他のラーメン屋さんと比べると、若干サービス面では物足りなさを感じるかも。

では各店舗の麺やスープ、チャーシューなどの味について比較していきます。

 

麺の比較

つの旨の麺

「つの旨」さんでは、自家製の極太麺が使用されています。

茹で加減は硬めだったという方もいますが、私が食べた時は柔らかめのいわゆる「デロ麺」に近い食感。

とはいえ、塩っぱいスープを吸った麺はなんともいえない美味しさで、多くの方が支持する理由のわかる味でした。

大者の麺

3店舗の中で一番インパクトがあったのは「大者」さんの麺でした。

こちらの自家製麺はかなりの固茹でで、食感はバキボキの半生状態。しかし、多くの方はこれがすごく美味しく、クセになるようです。私はダメで、良さがわかりませんでした。

滋悟郎の麺

「滋悟郎」さんの麺も自家製で、3店舗の中では一番太く感じました。

茹で加減はやや硬めで美味しい麺でした。ワシワシ感のある喰らう感じが良かったですね。個人的には、一番美味しく食べられたのが「滋悟郎」さんの麺でした。

 

・・・ということで、「つの旨」さんや「滋悟郎」さんは美味しく食べられましたが、「大者」さんは固すぎて好みからは外れました。ただし「大者」さんの麺が一番と進める方が多くいるのも事実。

スープの比較

つの旨のスープ

「つの旨」さんのスープは非乳化タイプで、カエシ(醤油タレ)や化学調味料の味のしっかりとしたスープ。豚骨感は3店舗の中では一番弱めかなという印象です。

液状の油が少ないので、ショッパ目ではありますが、非乳化タイプが好きな方はすごく好みの味かと思います。あと味自体のばらつきは少ないとのことで、この安定感は素晴らしいですね。

大者のスープ

「大者」さんのスープは乳化の進んだどっしり感のあるタイプのスープ。液状の油も少し多目。醤油タレの味も適度に感じ、濃厚さもあり、個人的には一番好きなタイプのスープ。

豚骨強めなスープが好きな方は好みの味かと思います。ただし日によってバラつきがあるとも聞きますが、そこは悪しからず。

滋悟郎のスープ

「滋悟郎」さんのスープは微乳化タイプで、上記の2店舗の中間に位置するような感じ。液状の油の量もちょうど良く、また少し甘いのもポイント。

とはいえ、塩っぱさや化学調味料の味もしっかり目の濃いスープ。微乳化タイプのスープが好きなたかは、好みの味かと思います。味のバラつきはそこまでない印象です。

 

・・・ということで、スープに関しては完全な好みになるのかなという印象。どのお店もそれぞれ特徴があって美味しいと思いました。

 

豚や野菜の盛り

つの旨の豚や野菜

「つの旨」さんの豚は、ウデ肉を使っていてさっぱりと食べられる感じ。ノーマルで2枚とほぐし状のものが入っていました。量的には大満足! 味や食感は肉質を感じつつ、醤油タレの味をバシッと感じるタイプ。

野菜はクタっとした茹で加減で、個人的には好みでした。量はノーマルでもしっかり目。

大者の豚や野菜

「大者」さんの豚はバラ肉で、ノーマルで2枚とほぐし状のものが少し入っていました。デフォルトでこれだけ入っていれば、増さなくても満足できる量。味は適度な味の濃さで美味しく、厚みもあって文句なし! 個人的には一番好きなタイプの豚でした。

野菜は適度な食感の残されたもので、量はノーマルでは一番少ないかも。それでもしっかりと盛られます。

滋悟郎のスープ

「滋悟郎」さんの豚はバラ肉を使っていまして、ノーマルで2枚。かなりホロホロの柔らかいタイプのもの。脂身とのバランスも良く、かなり美味しい豚でした。

野菜はクタ気味で量は多めな印象。またニンニクと生姜が増せ流のもポイントです。個人的にも好みでした。

 

・・・ということで、豚や野菜の盛りについてでしたが、豚に関しては好みもあるでしょうが、個人的に「大者」さんと「滋悟郎」さんは美味しかったなという感じ。「つの旨」さんの豚はウデ肉で、バラ肉に比べどうしても味で劣りますし、パサつきもあり好みからは外れました。

行列など

つの旨の行列など

私がお邪魔した時は、平日の夜で30人近く並んでいて、1時間30分以上並びました。ただ30人近く並ぶことは稀との情報もあったので、たまたまだったのかもです。

またワンオペのため、両替はできないようで、その他接客に関しては若干問題ありな気がしています。

大者の行列など

何度かお邪魔していますが、こちらも30人近く並んでいました。待ち時間はやはり2時間近くになります。こちらもワンオペかそれに近い状態での営業で、かなり待つことになるかと思われます。

滋悟郎の行列など

混んでいることが多く10人以上は並んでいます。待ち時間は30分くらい。そして店内待ちのスペースがありますが、座る順番など、初めての方は少し戸惑うかも。張り紙で説明されていますので、ご確認ください。

こちらも、時間によってはワンオペありのようです。

3店舗を食べてみた総評

今回は、群馬県の「3大二郎系」と言われるお店で、食べてみてどうだったのかを記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか?

味に関しては3店舗とも特徴や個性があって、好みの問題にもなってきますが、全体をとしてみた場合は「滋悟郎」さんをお勧めいたします。理由はスープ、麺、豚、接客面で一番バランスのとれた良質なお店だったからです。

「大者」さんは麺が固すぎる・・・「つの旨」さんは接客が・・・私とは相性が悪いんですかね。

皆さんはいかがでしょうか? もしこっちが美味しいなどありましたら、コメントお願い致します。

RELATED POST