醤油ラーメン

【支那そばや】ラーメンの鬼、渾身の一杯は継承されている!?【佐野実氏】

ラーメンブロガーのライラです(@toraninare)

今回は、ラーメン好きなら一度は食べなくてはならない「支那そばや」で、ラーメンをいただいて来ましたので、そのレビューになります。ラーメン界の鬼?神?などと呼ばれることもありますが、亡くなりはしたものの、佐野実氏が作り上げた一杯は一体どんな味なのでしょうか?

「支那そばや本店」の口コミ

ラーメンデータベース:平均:80.72点

食べログ:★3.61

口コミを見てみますと、スープが美味しいという声が多い中、濃い味に慣れている方ですと、パンチがないように感じるようです。。。とはいえ期待せずに入られませんね。

「支那そばや本店」のメニュー

醤油&塩ラーメン

らぁ麵

チャーシュー麵

山水地鶏ワンタンらぁ麵

金華豚特上チャーシュー麵

梅山豚特上チャーシュー麵

味噌ラーメン

味噌らぁ麵

辛ねぎ味噌らぁ麵

限定ラーメン

鮭だしらぁ麵

トッピングなど

平田牧場の肩ロース

穂先メンマ

名古屋コーチン味玉

ワンタン

佐野家のおにぎり函館しそ昆布

・・・という構成。醤油、塩、味噌と食べられるのは大きなポイントですね。

頼んだもの

  • 醤油梅山豚極上チャーシュー麺

 

「支那そばや本店」の店内は

食券制で、お水は配膳されました。店内は木目を生かした温かみのある作りで、清潔感があって良い感じ。スタッフさんも4〜5人ほどいましたので、サービス面での問題はなさそうです。愛想が悪いというコメントも見ましたが、普通でした。

座席数は、カウンター8席とテーブル席が4人掛けが3卓と、中々のキャパシティなので、数人でお邪魔しても問題なく食事できそうな印象。卓上にはコショウのみが鎮座。

そんな中、座席につき10分ほどで運ばれてきました。

醤油梅山豚極上チャーシュー麺

渾身のスープ

スープは鶏ベース(豚骨も入ってる?)、そこに乾物系などが入っているのか、中華そばっぽさを感じさせつつ、複雑な深みを感じるもの。旨味をしっかりと感じ、動物系や鶏油からくるコクや風味の詰まったスープは、佐野氏の味が受け継がれているということなんでしょうかね。

個人的な印象は懐かしい中華そばを、現代風にアレンジしたように感じました。「今」でも美味しいスープでした。

こだわりの麺

麺はあえていうなや今風の細麺。加水のやや高めのツルッと喉越しの良い麺。適度な小麦粉の風味を感じさせるのも。伸びているのとは違う、柔らかな湯で加減。スープとの相性の良い麺でした。量は160g位か、一般的な量。

幻の豚のチャーシュー

具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、ノリという構成。

チャーシューはロースとバラ肉の両方が3枚づつ入っていて、肉の美味しさと、脂身のジューシーさや甘さを楽しめるものになっていました。かなり希少な豚のチャーシューのようです。味付けは薄味で、あくまでもメインはスープと麺という感じ。

メンマは穂先のものが使われ、柔らかな食感。海苔もこの手のスープには相性が良く、麵に巻いて食べるのも良いかも。

「支那そばや本店」で食べてみて

総評:佐野実氏偉大なり

今回は初めての「支那そばや本店」さんにお邪魔し、醤油梅山豚極上チャーシュー麺をいただきましたが、噂通りの美味しい一杯でした。中華そばっぽさを残しつつ、現代的な淡麗の味も融合された一杯は、佐野さんがいてもこう言った味になっていたかもと思うラーメンでした。

食材や製法のこだわりは、これからもお弟子さん達が守り、進化させていくんでしょうね!ラーメンマニアでなくても、少し遠くても行く価値ありと感じさせるオススメの一杯です。ごちそうさまでした!!!!

「支那そばや本店」の住所は

【店名】支那そばや 本店

【住所】神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4081-1

【TEL】045-827-3739

【営業時間】11:00〜20:30(スープ切れ次第終了)

【定休日】元旦

【駐車場】無し。お店の両隣にコインパーキングあり

【最寄駅】JR戸塚駅(230m)

【予算】¥830〜¥1.500

RELATED POST